男の人とペット

猫の皮膚病を治す|ペットの異常は見逃さないことが大事

飼い猫も家族の一員

猫

少子高齢化社会の現在の日本では、ペットの犬や猫も家族の一員として扱われとても愛されています。ペットを飼っている方は人間の家族と同様に大きな愛を注ぎ、可愛がっています。しかし、ペットも人間と同じで病気になりますし、事故に遭う危険もあります。事故は突発的で防ぐのは難しい場合もありますが、病気なら未然に対策ができるのではないでしょうか。猫の死因で多いのが癌です。猫も人間と同じで長生きし、高齢になると病気がちになります。免疫力が下がり、病気がちになると感染症も多くなり、病気が治りづらくなるといわれています。癌は体に様々な悪影響が出ます。体の表面に出来物ができたり、皮膚や毛に異常が出たりするものです。猫は人間の言葉が話せないので、飼い主がよく観察し、異常を見つけなければいけません。飼い猫が高齢になってくると、定期的に獣医に見せましょう。癌の種類によっては進行がとても早く、一ヶ月の間に手遅れになるなんてことも稀にあります。飼い猫とよく接し、少しの異常も見逃さないようにすることが大切です。

癌の原因は様々あり、老化はそのひとつです。他にも放射性の影響によるものや、ウィルスが原因のものもあります。癌が末期になると、薬物による治療や腫瘍が大きいと手術を行う場合もあります。飼い猫が高齢になってくると、近くの動物病院に通うことをオススメします。飼い猫も立派な家族の一員です。健康に長生きできるように、飼い主が注意して観察し、異常を見つけたらすぐに察してあげましょう。また、癌だけではなくそれ以外にも皮膚病などにかかってしまうこともあります。皮膚病などの異常がみられた場合も早めに獣医に確認してもらうと良いです。