動物

猫の皮膚病を治す|ペットの異常は見逃さないことが大事

愛犬を迎える方法

犬

見学をしよう

柴犬を飼いたいという場合、ペットショップから購入するという方法もありますが、ブリーダーから迎え入れるという方法もあります。柴犬のブリーダーには、悪質やパピーミルと呼ばれるタイプと良質なブリーダーの2つのタイプに分けることが出来ます。良質なブリーダーを見分けるコツとしては、実際に柴犬が育っている環境を見学することが大切になります。見学をする時には、基本的には予約が必要となりますので、自身の都合とブリーダーの都合の合う時に見学をするようにしましょう。ブリーダーの中には複数の犬種を扱っている人もいます。必ずしも柴犬だけを扱っている人が良いとは言えませんが、あまりにも扱っている犬種が多いと質が低くなってしまう可能性がありますので、注意が必要でしょう。

メリット

ブリーダーから柴犬を迎え入れることには、いくつかのメリットがあります。まず、親や兄弟犬と長く一緒に過ごすことが出来るため、犬の社会性が出来ているということです。ペットショップで購入する場合、早くから親や兄弟犬から離されるために、社会性が身に付いておらず、しつけなどが困難になる事もありますが、ブリーダーから迎え入れる場合には、そのような事を防ぐことが出来ます。また、柴犬のことを知り尽くしているブリーダーであれば、迎え入れた後の躾などについてのアドバイスを受けることが出来るということも大きなメリットです。柴犬は日本犬の中では飼いやすい部類ですが、性格は1頭1頭異なります。また、飼主によっても適している躾の方法は異なります。アドバイスを受けることで、無理な躾を行うことが出来ます。