動物

猫の皮膚病を治す|ペットの異常は見逃さないことが大事

スリムな体形の優美な犬

飼い主とペット

テリア気質

ミニチュアピンシャーは、ドイツ原産の小型犬種で、全身短毛の引き締まったスリムな体形をしています。外見は警備犬や軍用犬として名高いドーベルマンに、酷似しています。だからといって、ドーベルマンを小型化した改良種の犬だというわけではないのです。何故ならば、ミニチュアピンシャーはドーベルマンより先の17世紀から18世紀に、登場しています。姿が似ているのは、ヘルピンシェルという犬種を祖先にもっているからなのです。ピンシャーとはドイツでは、テリアという意味を持っているのですが、名前の通りにテリア気質を備えています。勇気があって活発、警戒心は強く頑固な所があるけれど、陽気で賢い犬種です。小型犬ながら、気が強いので番犬として使役されていましたが、近年では愛玩犬として飼う人が増えています。

飼うならば覚悟が必要

成犬になっても体重は5キログラム前後で、体高が30センチメートルほどなので、日本の狭小住宅でも飼いやすい大きさです。スリムな体形で歩く姿が優美なことや、見た目に反して気の強いというギャップに魅力を感じる愛好家が多いです。しかしテリア特有の負けん気の強いところや、頑固な性質もあるので犬を飼うのが初めての初心者向きではない犬種です。またエネルギッシュで、運動能力が高いミニチュアピンシャーは、毎日30分以上の散歩と運動を必要とします。ミニチュアピンシャーの飼い主となるならば、根気よくしつけをすることと、散歩と運動に付き合う覚悟を持つ必要性があるのです。厳しいことを言うようですが、覚悟が持てないのならば飼う資格がないことになります。小型犬に分類されるミニチュアピンシャーですが、他の小型の愛玩犬と一緒に考えて飼ってしまうと後悔します。とはいえ賢くて陽気な犬種なので、飼い主との信頼関係が築くことができれば優秀な家族の一員になってくれるのです。